So-net無料ブログ作成
検索選択

CRAZE(vocal藤崎賢一さん時代)の感想&BEAT SO LONELY,ALL NIGHT LONG [CRAZE]

CRAZE are

vocal/藤崎賢一 ⇒ 緒方豊和 ⇒ 鈴木慎一郎 ⇒ TUSK(板谷祐)
Guitar/瀧川一郎 Bass/飯田成一 Drums/菊地哲


【それぞれのボーカルから感じたイメージカラー】

藤崎賢一 ・・・ 黒・

緒方豊和 ・・・ 白・

鈴木慎一郎 ・・・ 

TUSK(板谷祐) ・・・ 


ボーカルが変わり曲やイメージも変化していったCRAZE。
Guitar、Bass、Drumsの三人が最高なので、どの時代もそれぞれ好きでした。
音楽に喜怒哀楽をはじめ色んな感情や表情がつまっている。
青春時代。
全部リアルタイムで聴いていました。

今聴くと自分の好みは鈴木慎一郎さん時代。
1枚しかリリースがなく貴重に感じるところもあり
声と一郎さんの相性が良かった気がする。
CRAZEというバンドは音にheartがあって。
気持ちを音に形にし、伝わり方が半端じゃない。
言葉で表せないくらいたくさん感動した。


【vocal藤崎賢一さん時代】

CRAZEvocal藤崎賢一さん時代の印象は
・心に響く
・オーラが強い
・男らしい
・歌に魂
・バンドとして重い


他の3人と同じオーラを感じ、4人でCRAZEと
気持ちよく思えるボーカリストでした。
バンドとしての違和感が全くなく存在感が強かった。
こんなのあり?完璧!って思ってましたね。
PVはどの曲も最高で、特にRISKYのPVはかっこいい。

CRAZEのライブへは4回行ったことがあるのですが
初めて行ったライブが藤崎さん時代で。
CDデビュー前の名古屋でのライブでした。

こんなに前でいいの?っていうくらい前列だった。
二列目くらいだったかなぁ
ライブ慣れとかなく本物や~ってみとれてw
何よりも4人のオーラが・・・
当時、学生だったわたしには強烈な印象だった。

ファーストアルバム「BE CRAZY」の
藤崎さんの声、最高に好きですね。
セカンドアルバムの時に少しキレがなくなった感じがしてて・・・。
その分、魂とか想いが強い、太く重い声になったというか。

どちらかというとファーストアルバムの声が好み。
曲としてはTHAT'S LIFEが好きで。


そしてこれ、


BEAT SO LONELY,ALL NIGHT LONG 詩/藤崎賢一 曲/瀧川一郎

ど真ん中ストレートの曲。
魂の叫びのような歌。
曲間奏のギターの疾走感には神がかり的に惹かれる。
このメンバーでしかできないという感じがするrock number。

奇跡のような伝わり方がする曲ですごい歌だと思う。
男向けの曲じゃないでしょうか。
これは藤崎さんだから歌えた名曲だと思う。
リスナーへの「心の響き方」がはんぱじゃない。

この曲は藤崎さん時代のCRAZEとしての
バンドとしての価値や重さが出ている曲という感じがした。


この曲もそうですが、CRAZEでの藤崎さんは
より気持ちで歌うボーカリストとして凄かった。
バンドとしてのボーカリストの力が強い人だと思う。
ソロよりバンドのボーカルが似合う人。
脱退した時は寂しかったが、すごい音楽を残してくれたと思う。

JUSTY-NASTYが復活しNEW ALBUMが非常に楽しみ!
ギターのLEZYNAさんも好きなので期待しています。

Sponsords Link 



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。